資料請求・お問い合わせ

よくある質問

よくある質問

住宅ローン控除とは?
「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」とは、住宅ローンを組んで建物を購入したり、
省エネ改修やバリアフリーリフォームを行った場合、一定の条件を満たせば、年末のローン残高に応じて
「納めた税金の一部が還ってくる」ことです。
住宅ローン控除を受けるには、年収、床面積、借入期間など、いくつかの条件があります。
住宅ローン控除額も3つのタイプに分かれます
住宅ローン減税の控除のイメージ
また、税金を還してもらうには確定申告のうちの「還付申告」が必要です。

入居日・住宅ローン契約日の翌年に、確定申告を行いましょう。
会社員の場合、2年目以降は会社を通じての「年末調整」で還付申告ができます。
?
住宅購入を考えると、このような不明な点も出てきます。
お気軽にご不明な点はご相談ください。
このご質問は営業瀬戸口がお答えしました。
土地のエリアを考えるにはどうすればいいですか?

家づくりを始めるときは土地なしの場合は

土地探しから始まることがほとんどです。

その場合、お住まいになりたい場所を

決める時の基準が、

 

保育園、学校区のエリアから決める、


現在お住まいの家付近のエリアから決める


実家や勤務先に行きやすいエリアから決める、


などのような考えで絞っていく方が多いです。

 

 

まず、土地エリアを絞るには、

ご家族がお住まいする上で大切にしたいことは何かを

明確にすることが大事です。

 

 

しかし全ての条件を満たし、100点満点の土地は

価格も高くなります。

 

 

優先順位を付けて、
それをもとにエリアを絞りこむ方法がおすすめです。

 

そして、最も大切な考え方は、

一般的に言われる好立地が誰にとっても良い土地では

ありません。

実際に目で見て、歩いてみて

その家族にとって合う土地を見つけてください。

 

※「アーキテックスが無料で行ってる相場案内ツアー」は

実際にプロと一緒にまわって土地を見る視点を勉強できます。

 

 

そして迷ったときはこれ

 

総額を基準に建物と土地のバランスを考えてみてください。

必ず答えが出ます。

 

 

このご質問は、

営業部西村政彦

お答えしました。

 

長期優良住宅とはなんですか?

長期優良住宅とは、公が認めた建物性能の一つです!

長期優良住宅の認定を受けるには、様々な条件をクリアしないと認定を受ける事ができません。

長期優良住宅の認定基準をご案内します!

 

長期優良住宅に認定されるには、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が必要になります。

1.長期に使用するための構造及び設備を有していること
2.居住環境等への配慮を行っていること
3.一定面積以上の住戸面積を有していること
4.維持保全の期間、方法を定めていること

これらの措置の基準として、9つの性能項目

「劣化対策」「耐震性」「維持管理・更新の容易性」

「可変性」「バリアフリー性」「居住環境」「住戸面積75平方メートル以上」

「維持管理・更新計画」「省エネルギー性」が定められています。

長期優良住宅と認定されるためには、これら9つの性能項目の基準を満たすように

住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定し、住んでいる自治体などの認定を

受ける必要があります。認定を受けた計画に従って建築をし、維持保全を行います。

国土交通省HPを参照しました

アーキテックスで取り扱いしているBinO・FREEQ HOMESの建物は長期優良住宅と

なっています。(一部の建物は条件により除外)

 

このご質問は瀬戸口が回答しました

 

無垢材についたキズは補修できるの?

Q無垢のフローリングはやわらかく、キズがつきやすそうですが、

補修できるのでしょうか?

 

 

Aアイロンと濡れタオルを使ってある程度は

直せます。

 

 

凹み傷ができた場合

 

 

 

 

 

水で濡らし、固絞りしたタオルの上から

熱したアイロンあてます。

凹んだ傷の戻り具合を見ながら行ってください。

 

 

 

パインやスギなど柔らかい樹種は、凹みが戻りやすく

効果的です。

 

 

※塗装された床の場合は補修方法が異なります。

アイロンで目立たなくなったら

 

 

乾燥後にサンドペーパーをかけ

 

 

同じ塗料を塗装してください。

 

 

深い傷やえぐり取られたような傷は施工会社に

ご相談くださいね。

 

 

このご質問は

営業部西村政彦

お答えしました。

 

資料請求すると、その後営業されるのではないかと心配です。

当社では強引な電話、お約束のない突然の訪問、しつこい営業などは一切行なっておりませんのでご安心ください。

マイホームは一生に一度の「高い」買い物ですので、当社だけでなく他社も見比べてじっくりご検討いただくのも良いと思います。お客様にはご納得いただいた上で、アーキテックスハウジングに任せたいと思っていただけることがいちばん大切だと考えています。

住宅ローンの相談はできますか?

もちろんOKです!生活に合った住宅ローンの組み方や、どの金融機関を選ぶかなどスタッフがアドバイスいたします。気になることや不安に思うことなど、お気軽にご相談ください。

新築か、中古物件をリフォームするか迷っています。どちらがおすすめですか?

どんな家に住みたいか、またライフスタイルや希望される条件、予算などによっても変わりますので、一概にどちらが良いとは言えません。どちらにもメリット・デメリットはあります。一生に一度の家づくりですので、どちらが無理のない理想の家かを一緒にじっくり考えていきましょう。

建てた後はメンテナンスしてもらえる?

当社ではお引き渡し時にメンテナンス計画をお渡しし、定期点検を行なっております。

家を建てて終わりではなく、『住まいのパートナー』として維持管理のお手伝いをさせていただくことで、さらに安心して永く住み続けていただける住まいになると考えています。

施工エリアはどこまでですか?

建築してお引渡しした後も、きめ細かいサポートや

アフターメンテナンスができるように、

下記のエリアを施工範囲とさせていただいております。

 

【施工エリア】

福岡市内、春日市、那珂川市、大野城市、筑紫野市、

太宰府市、小郡市、朝倉郡、朝倉市、糸島市、

福津市、糟屋郡、北九州市、佐賀県一部(鳥栖市など)

 

※施工エリア外でも対応させていただく場合もございますので、一度ご相談ください。

(別途、遠方費用が発生いたしますことをあらかじめご了承くださいませ)

 

Copyright © 2016 Architex housing All rights reserved.