資料請求・お問い合わせ

長期優良住宅

長期優良住宅について

世界で一番長持ちで、ちょうどいい家を作ろう。

現在、世界一の長寿国にもかかわらず、日本の住宅は約30年というペースで建て替えをしています。日本の住宅は、世界と比べてとても短い寿命なのです。


こうした「消費型」から、もっと長く住み続けられる「ストック型」住宅への転換を目指し、日本政府は「長期優良住宅制度」をスタートさせました。

長期優良住宅
3世代でも住める家へ。

2009年に施工された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、住宅を長期にわたって使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負担を軽減するとともに、建替えによる国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的としている、国土交通省の制度です。

長期優良住宅の根本にあるのは、「質の高いものを、手入れして長く大切に使う」という考え方。
アーキテックスハウジングが作る家は、長期優良住宅に標準対応しているため、認定が容易です。
耐久性の高い建物であることはもちろん、各種の税制優遇などのメリットを受けることができます。

3世代でも住める家へ。

長期優良住宅と日本の従来の家づくり

認定を受けるには8つの基準を
クリアしなければなりません。

8つの基準

アーキテックスの家は、認定で
様々な待遇が受けられます。

※以下は、2017年4月現在のものです。

①税制優遇

税制優遇

②住宅ローン減税

住宅ローン減税

③フラット35S

フラット35S

Copyright © 2016 Architex housing All rights reserved.